園の紹介

アイコン園の歩み・概要

子どもたちの健やかな成長を願って

昭和23年
柳川高等女学校と伝習館の統合により、女学校にあった保育施設の閉園を受け、社会福祉法人柳川保育園として瑞松院境内に開園
昭和31年
設置認可を変更し、柳川幼稚園となる
昭和62年
本堂ホール落成
平成3年
第一、第二園舎を改築し北園舎落成
平成4年
学校法人化し学校法人瑞松院学園柳川幼稚園となる
平成10年
50周年を迎える
平成15年
第三園舎を改築し南園舎落成
平成27年
保育棟、給食室を新築
平成28年
保育部を創設し、幼保連携型認定こども園柳川幼稚園となる。

 当園は、平成28年度より、認定こども園として、新たに生まれ変わりました。認定こども園とは、これまでの幼稚園としての教育方針を大切に守りながら、教育(エデュケーション)と養護(ケア)を併せ持つ、すべての子育て環境にある子どもへの対応を目指す施設です。
 平成28年春、新しい園舎も完成しました。これまでの木造の園舎をつなぐ中庭、広い園庭、四季折々の情緒あふれる柳川の掘割…空や風、光、土、木の感触を大切に、健やかに安心して過ごせる環境作りに努めます。
子どもをまんなかに、育て合い、支え合い、つながり合って子育てを!

設置主体 学校法人 瑞松院学園
施設種別 幼保連携型認定こども園
施設名 柳川幼稚園
所在地 柳川市片原町15-1
電話 0944-73-3152
利用定員 140名(1号120名、2・3号20名)
認可定員 193名(1号151名、2・3号42名)
職員構成 理事長1名 園長1名 保育教諭16名 職員4名 栄養士1名 調理員3名 講師2名(英会話・体育)
クラス編成 年長2クラス、年中2クラス、年少2クラス、2歳児(満3歳児)1クラス、1歳児1クラス
ページトップへボタン