柳川幼稚園のこどもたち

からこま座さん、ありがとう!

2017年12月15日保育風景

IMG_37301
秋の日の思い出、からこま座さんの人形劇。楽しかったですね。
IMG_4062
公演の後、すぐに、このようなかわいいお葉書をいただきました。
とてもかわいいお葉書で、劇に登場するかわいい女の子やパンケーキ、のったりろったりのカタツムリさんも載っていて、早速、拡大コピーをして、全部のクラスに掲示して、紹介しました。
もちろん、みんな大喜び!
IMG_3770
実は、ちょうどその頃、月組さんたちは、からこま座さんのお二人にお手紙を書こう!ということで、朝やお昼休みの自由な時間に、思い思いに書いていました。
IMG_3772
でてくる登場人物などもとても上手に…。
IMG_3773
文章も、心の動きを表せるようになってきましたね。
IMG_3816-e1513253867156
そのお手紙をまとめて、幼年消防大会の時に、郵便局のポストに投函!
そして、子どもたちのお手紙を見ていただいた事を、からこま座ブログにて、ご紹介していただきました。
( からこま座さんブログ をご覧ください )
IMG_4166-e1513253901354
さあ、あれから、しばらく時がたち、昨日(12月13日)、またまた、うれしい堤が届いたのです!
IMG_4167
中を開けてみると、かわいい赤い大きなカードが入っていました。
マスキングテープを開けてみると・・・。
IMG_4169-e1513253942215
わあ、びっくり。素敵な飛び出すカードが入っていました。
もちろん、ほかのクラスのお友だちや先生たちにもご紹介。みんな、眼を丸くして、見つめていましたよ。

人形劇を見せていただいた大きな喜びから、このようにお手紙を通した交流まで発展し、からこま座のお二人のお心の温かさに感謝しています。そういうお気持ちのお二人だからこそ、あのような温かい人形劇が出来上がるのですね。

また、おてがみの言葉・文字・絵に、自分の気持ちをのせて相手に送る喜び、また、お返事が届いた時の心躍る瞬間、、、
これこそが、豊かな人と人との心のふれあいを生むのだなあ、と改めて感じました。

からこま座さん、本当にありがとうございました。


消防車を見にいこう

2017年11月23日保育風景

CIMG2617
ある日の午後、花組さんたちが、お散歩で、消防署まで足をのばしてみました。
CIMG2616
消防署にもご連絡して、消防車の並んでいるところをみんなで見せて下さい、とお願いしていたところ、なんとたくさんの消防士さんたちに降りてきていただき、優しく丁寧にご案内頂きました。
CIMG2615
「わあ~、すごい」「いろんなものがあるね」
CIMG2610
「火事です!と連絡が入ったら、すぐにこの防火服をきて出動するんだよ}
CIMG3090
消防車にはいろんな道具が載っているんだね
CIMG3094
「かっこいいなあ」特に男の子たちは、眼を丸くしてあこがれの眼差しです。
CIMG3095
こちらは救急車
CIMG2612
一人ずつ乗せてもらったよ!
CIMG3086
お礼に首飾りをどうぞ
「今日はありがとうございました」
CIMG3085
お礼を大きな声でお伝えして、消防署を後にします。
CIMG3083
黄色い葉っぱが落ちていたので、おみやげに拾って帰ろう。

楽しいお散歩でした。

23日の勤労感謝の日を前に、いろいろなお仕事について、どの学年のお友だちも、話し合ってみる予定です。
いろんなおしごとがあること、感謝の気持ちを持つこと、、、を感じ取り、みんなには、それぞれの夢をふくらませてもらいたいものです。
CIMG3081-e1511059085404

他のクラスに遊びに行ったよ①

2017年11月20日保育風景

90
月B組さんたちが、つぼみ組さんに遊びに行った時の様子です。
こちょこちょこちょ・・・大きいお兄さんお姉さんと小さい子のふれあいが、見ていてほほえましい光景です。
921
手と手を合わせ、目と目を合わせ、気持ちが少しずつ通じ合っていきます。
931
すっかり仲良し二人組。
88
抱っこされていい気持ちだね。
87
素敵なお姉さんたち!
811-e1510365103307
少しはにかみ気味のお兄さん!
86
絵本も読んだあげたよ。
84
結構見入っていますね。
79
その子(つぼみさん)の好きそうな絵本を選んであげました。
95
本当に優しく優しく…ありがとう、お兄ちゃん!
DSCF8924
311
こちらは、星B組さんが、わかば組に遊びに来た様子です。
みんなでテラスに出て。
322
暖かい日差しの中、みんなの笑顔もほころびます。
332
わかば組さんたちがいつも乗っているハッピースマイル号や、ボールで遊ぼうね。
「押してあげようか?」
342
「こっちこっち」
351
「あっちにも行ってみよう!」
361
ハッピースマイル号に乗るにしては、ちょっと大きすぎるお兄ちゃんたち。
でも、「一度、乗ってみたかったんだよね」
381
「行くぞー」「ビューン」
39
保育室では、星B組さんたちが、伝承遊び(お手玉など)を教えてくれましたよ。
40
あれあれ?これは、何になりきっているのかな?
IMG_0674
輪投げ、一緒にやってみる?
421
「電車に乗っていきましょう♪」これは、日頃から、わかば組さんたちも親しんでいるつながり遊び。
小さいわかば組さんたちと一緒とあって、星組さんたちも、無理に引っ張ったり、忍足しないように気をつけてあげていたようです。こんな遊びの中で、相手を思いやりながらの手の力の入れ方や微妙な調節などを体感していくようです。

他のクラスに遊びに行くことで、いつもと違った笑い声があふれています。
幼稚園に、新しい空気が吹き込まれて、豊かな時間が流れます。

見ていて、心和む交流の時間です。

他のクラス同士も、交流・ふれあいをじかんを見つけて行っていますので、少しずつ紹介していきますね。お楽しみに!
431

Halloween

2017年11月19日保育風景

IMG_0376
ハローウィンの時の英会話遊び。星組さんです。
嬉しそうなこの表情。いろんなコスチュームを、スゼラ先生が持ってきてくださいました。
IMG_03771
交替で、いろんなコスチュームを身に付けて、レッスンが進んでいきます。
IMG_03781
こわーいこんなものも!
IMG_0379
かぼちゃは、ハローウィンの定番です。
CIMG2529
先生もこの衣装!
CIMG2525
花組さんたちです。
CIMG2530
みんな並んでみました。
CIMG2534
CIMG2962
「trick  or  treat」
IMG_06351
IMG_0637
IMG_06381
楽しい楽しいハローウィンでした!

園バスに乗って(つぼみ)

2017年11月19日保育風景

212
実は、わかばさんとつぼみさんは、同じ日に同じ場所(物産公園)へ、向かったのでした。
こちらは大型の園バスです。うれしくて、そわそわ、ニコニコのお友だち。
116
「いってらっしゃーい」
37
さあ、着きましたよ!
46
「遊ぼう、遊ぼう」
53
アスレチック遊具で、とことん遊びます。
64
わかばさんと交替で、動物さんの乗り物も大人気。
73
83
93
ブランコは、先生に押してもらいながら…
103
おじいちゃんおばあちゃんのグランドゴルフが終了し、広ーいグラウンドに入らせていただき、思い切り走ります。
122
もう一回、行ってみよう!何度でも、疲れを知らない子どもたち。
133
元気、元気!
143
みんな集合
153
行きも帰りも、バスの先生に切符を見せて。
162
「はい、拝見します。どうぞお乗りくださーい」

楽しい楽しいミニバス遠足でした!

園バスに乗って(わかば)

2017年11月19日保育風景

113
秋もたけなわ、園バスに乗って、わかば組さんたちが、水の郷に隣接した物産公園へ向かいます。
小型バスに乗って、「行ってきまーす!」
45
物産公園では、おじいちゃん、おばあちゃんたちが、グランドゴルフを楽しんでいらっしゃいました。
お声をかけてもらいながら、芝生の所で遊び始めました。皆にちょうど良い大きさの動物さんのかたちをした乗り物が大人気。
36
川沿いでは、ススキの穂が揺れて。
63
72
82
素晴らしい青空で、暑いくらいでした。
92
102
114-e1510296744665
少し高いところからのすべり台にもチャレンジ。
下で先生が待っていますよ。
121
かっこいいハンドル。
132
はい、チーズ!
142
のぼって、のぼって…
152-e1510296782141
見上げてみれば、大きな銀杏の葉が、色づいていました。
いつもより広くて、ダイナミックな遊具に誘われて、ずっと笑顔だったお友だち。また、嬉しそうに園バスに揺られて帰っていきました。
きっと、もりもり給食がすすんで、ぐっすりお昼寝…楽しい思い出になったことでしょう。

お買い物へ行こう

2017年10月30日保育風景

110
運動会のイス体操のために、お母さんたちから作ってもらったポシェット!
花組さん、みんなで、商店街へお買い物!
210
まずは、八百屋(果物)屋さんへおじゃましたのは、花C組さん。広川屋フルーツさんは、優しく迎えてくださいました。
いろんなお野菜や果物がいっぱい!
35
蜜柑を買います。「これくださーい」一人一個ずつ買いましたよ。
みんな、ドキドキ。あとで、みんなのポシェットに入れてもらいました。
44
お菓子の越山に向かったのは、花B組さん。ケーキなどの洋菓子の素敵なショーケースにうっとり。
52
お饅頭やもなか、和菓子もいっぱいです。
みんなは、おいしいおかきを買いました。「どれもおいしそう」と目を丸くする子どもたち。
91
花A組さんは、横断歩道を渡って、ブレーメンさん(パン屋さん)へ。
62
こちらも、沢山のおいしそうなパンが並んでいます。「わああ」「おいしそう」「おなかすいた」子どもたちの声。
71
みんなにぴったりの大きさのバターロールを買いました。パン屋さんの厨房ものぞかせてもらいました。
81-e1509331912590
帰りに立ち寄ったお洋服屋さん。予定にはなかったのですが、温かく迎えてもらいました。
色とりどり、素敵なお洋服が並んでいます。またまた、みんなきょろきょろ…!好奇心いっぱいです。
112
てくてく歩いて幼稚園へ。
101
ポシェットの中に、それぞれお買い物したものが。
お家でうれしいお話が弾んだのでは?
スーパーで買い物することの多いこの頃。時には、「~屋さん」でお買い物すると、子どもたちもうれしいのでは?
商店街には、お店屋さんがいっぱい!

お外遊び

2017年10月30日保育風景

毎日の戸外遊びの様子をまとめてご紹介!それぞれのクラスで、バランスの良い毎日の保育を展開しながら、いろんな遊びを楽しんでいます。
IMG_2966
フープで電車ごっこ
IMG_2963
植木鉢をひっくり返して、ダンゴムシ探し
IMG_2959
IMG_2958
自分なりに挑戦しているうんてい
IMG_29561
おままごとかな?
IMG_2954
IMG_2953
フープガールズ!
IMG_2950
IMG_06131-e1509336403906
IMG_0611
IMG_0615
IMG_0612
たけうま
IMG_06101
IMG_0609
CIMG2921
芝生でゴロゴロ
CIMG2922
CIMG2920
CIMG2919
CIMG2918
CIMG2917
CIMG2916
CIMG2915
いろんな会話が弾んでいます。

月組バス遠足

2017年10月27日保育風景

11
今年の目的地は、久留米市美術館・石橋文化センターです。
わくわくして、バスに乗り込みました。
23
先生から、順番に切符拝見。「美術館行きバスへのご乗車、ありがとうございまーす」
3
さあ、いよいよ出発!
43
雨も心配されましたが、なんとか雨粒は落ちていません。落ち着いた雰囲気の美術館の建物の前には、トレードマークの噴水と美しいバラの花々がお出迎え。
51
早速、美術館の学芸員の方とボランティアガイドの皆さんが出てきてくださいました。
DSCF8990
美術館に着くまでの花壇のガーデニングもそれはそれは素敵です。
7
いよいよ到着。「じっと見る」という企画展です。
111-e1508921783584
さあ、いよいよ入館します。
8
ボランティアガイドの優しい方々とご挨拶。この美術館の紹介と、絵の鑑賞の仕方、皆さんに会えるのを楽しみにしていました、ともおっしゃっていただきました。やさしく語り掛けるような口調で、心に響くボランティアガイドの皆さんのご案内で、美術館鑑賞の始まりです。
9
静かにしっかりとお話が聞けた子どもたちです。
131
ルノアールの絵の前です。ほんものの素晴らしい絵画を前に、子どもたちは何を感じたでしょうか。ガイドさんから、「この絵はどんな感じがする?」と優しく問いかけられ、「優しい感じ」と答える子どもたち。「何がそう感じるのかな?」「お洋服の色!」「顔に出てる」…子どもたちの感性に驚かされます。
141
日本の伝統的な作品にも触れることが出来ました。息をのむように見つめる子どもたち。
他にも、ガイドの方々4名とも、それぞれに工夫を凝らしたり、画集を見せて下さったり、いろんな体験をさせていただきました。絵画に描かれた人物が抜け出してきたかのように、同じ衣装や小物を身に付け、絵画の横に並んでみたり、同じ対象仏でも、バックの色によって印象が変わることを、子どもたちにもわかるようにお話してくださいました。
151-e1508921814811
すばらしい絵画体験の後はお弁当です。雨が心配されたので、お部屋を貸していただきました。
161
17
限られたスペースでしたが、みんなで片寄せあい、楽しくおしゃべりしながらのひと時。案の定この時だけ雨が降ってきたので、お部屋を貸していただき、ありがたかったです。
181
雨が上がって、芝生のところへ。
191
楽しみにしていたおやつ。
201
うれしい時間です。
221
よーいドン
241
251
27
秋バラも開きかけていました。
29
雨上がりでいっそう美しいバラ
28
いい匂い!
30
321
31
ハーブもありました。
331
コスモスの前で。B組さん
CIMG2470
A組さん。

まだまだいたかったけれど、もう帰りの時間。
「また来たいね」そんな気持ちで、美術館を後にしました。ぜひ、お家の方々とまた来たらいいですね。

小さな子どもたちにとって、本物の美術鑑賞の体験は、きっと心に奥深く残ることと思います。本物の絵画…理解できるかな?わかるかな?という心配もありましたが、子どもたちは十分に感性を揺り動かされたように見えました。

素敵な一日となりました。久留米市美術館の皆さま、大変お世話になりました。


以前のブログはこちら

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ページトップへボタン